概要

FUKUOKAみらいプロジェクトとは?

子どもたちに夢と希望と志を!

企業・従業員の
モチベーションアップ

子どもの職場訪問を
通して家族の絆づくり

企業の社会貢献活動教育
CSR 活動

子どもお仕事参観デーとは?

子ども達が実際に親が働いている姿を見つめる教育プログラム。毎年、参加した子ども達からは「仕事をするということがこんなに大変だとは思わなかった」、「働くお母さんはかっこよかった」、「大人になったら、お父さんのように人の役に立つ仕事をしたい」などの感想が多く寄せられています。

実施企業・団体になりませんか?

みらいプロジェクトでは、 子ども達が親の働く職場を訪問し、実際に親の働く姿を間近で見学する取組みを行っております。これは、子どもたちが自分の将来を考えるきっかけともなりうる貴重な体験することはもとより、 親への尊敬・感謝の念を抱くことで家族絆が深まり、良い家庭を作っていくと考えたためです。良い家庭の集合体・良いコミュニティーを作ることが、今後の福岡の未来を作っていくと確信しております。

子どもたちの声

  • 毎日こんなに混んでいる電車は大変だなぁと思いました。
  • パパは大切な仕事をしています。だからパパは縁の下の力持ち。
  • お母さんに感謝して、協力して暮らしていこうと思った。お母さんと一緒に仕事ができるようにたくさん勉強したいと思います。
  • ぼくもお父さんになったら、お父さんがしてくれているようにぼくの子どもにいっぱい教えてあげたいです。
  • 何もかもが始めて見るものばかりでワクワクしたきもちだった。
  • 「仕事をする」ということは、自分の行動に責任を持たなければならないということがよくわかった。
  • 夏休みは、父が仕事でなかなか一緒に旅行などできないので、小学校最後の夏休みの良き思い出になりました。
  • 会社が終わった後、お父さんとやきとり屋に行き、おつかれさん会をしました。

職場訪問の受け入れについて

実施期間令和元年(2019)7月下旬~10月頃のいずれか1日(主に夏休み期間中)
実施場所親の職場(福岡県下の事業所)

会社並びに親御さんへ

  1. 働く親の姿を一日見つめてもらいましょう。
  2. 会議、商談等にも同席させ、親の仕事を見てもらいましょう。
  3. 昼食も一緒に食べましょう。
  4. ありのままを見せることで、子どもは親の仕事の大変さや社会の仕組みなど、何かを必ず理解しようとします。
  5. 製造現場等の場合、安全面に対する特段の配慮をお願い致します。

※ 後日、職場体験の写真と感想文の提出をお願い致します。

子どもさんへ

  1. 将来の自分の働く姿をイメージしてみよう。
  2. お父さん、お母さんの働く姿を通して世の中の仕組みを学ぼう。
  3. お父さん、お母さんの家にいる姿と働いている姿の違いを見てみよう。
  4. 職場では以下の事を守りましょう。
    • きちんとあいさつをしましょう。(出社や退社時)
    • 会社の人の言う事をしっかりと聞きましょう。
    • 大きな声で返事をしましょう。
  5. 感想文を書いてみましょう。
    • お父さん、お母さんへの感謝の思い
    • 職場訪問の感想
    • 職場訪問前のお父さん、お母さんに対する印象
    • 職場訪問で見たお父さん、お母さんの姿はどうでしたか。
    • 職場訪問の前と後で、自分の変化はありましたか。

協賛いただいた企業様へ

  1. 報告会当日に協賛企業として企業名を掲示させていただきます。
  2. 報告書(冊子)に協賛企業として企業名を掲示させていただきます。
  3. 作文集に御社の広告を掲載いたします。(ご希望の企業様のみ)